名古屋で伝統の婚礼を。神社の社殿で和婚、料亭で和風モダンウエディング。レストランウエディングでは華やかに。いつまでも心に残る一日を、ウエディングマルシェがプロデュースします。

よくある質問 | ウェディングマルシェ

質問タイトルをクリックすると解答が表示されます。

マルシェについて

Q.プロデュース会社って何ですか?

A.
結婚式場やホテルには「婚礼課」という部署があり、結婚式専任のスタッフがいますが、料亭やレストランなどは通常営業のスタッフしかいません。 そういった会場で披露宴を行う場合、「婚礼課」の役割をになうのがプロデュース会社です。

Q.ウエディングプロデュースとは、実際にどんな事をしてくれますか?

A.
結婚会場選びのためのご相談・下見にはじまり、お申し込みの後は担当のウエディングプランナーが、 おふたりの思い描く挙式・披露宴を形にするために、ご相談・ご提案を繰り返し、内容に応じた業者の手配を進めます。 そして、当日は担当ウエディングプランナー他、数名のスタッフが、おふたりとご列席の皆様のアテンドをします。 結婚式当日も、ずっと打ち合わせをしてきたウエディングプランナーが一番近くでおふたりを見守ります。 一組一組内容は違いますので、経験豊富なウエディングプランナーがおふたりのこと、そしてゲストのことを丁寧に考えご提案致します。

Q.結婚式の相談に行きたいけど、料金はかかりますか?

A.
ご相談・会場の見学・見積もり・仮予約は無料です。 ご成約になって初めて、お申込金を頂戴致します。 お申込金は、ご婚礼費用に充てさせていただきます。 どうぞお気軽にご来店・ご相談ください!

神社について

Q.神前式に友人も呼べますか?

A.
神社にもよりますが、最近はご友人も参列できるところが増えました。 本殿の収容人数を確認してみてください。 マルシェお薦めの「川原神社」「愛知縣護國神社」「若宮八幡社」は、いずれもご友人にご参列いただけます。

Q.神前式での衣装は、白無垢でないといけないの?

A.
和装の花嫁の正装着は白無垢に綿帽子ですが、白無垢以外でも可能です。 特に規制はございません。 マルシェでは、新和装や振袖でなさった方もいます。 ふたりの結婚の誓いを立てることが目的ですから、形にこだわることはないと思います。

Q.神社のプロデュースのみお願いすることは可能ですか?

A.
もちろん可能です。 おふたりに必要なプランのお手伝いをさせていただきます。

料亭・レストランについて

Q.結婚式場やホテルと、どう違うの?

A.
結婚式場やホテルは、一日に何組も結婚式を行いますので時間や控え室に制約がでてきます。 おふたりにとって、一生に一度の大切な日を限られた中で行うのではなく、一日一組というゆったりとした時間の中で過ごしていただき、 老舗料亭の懐石料理や、有名レストランのシェフが振舞う普段味わう事のできないお料理とその店の格式や伝統に基づくおもてなしでゲストへの感謝を表す。 これが料亭・レストランだからできる披露宴です。 ただ、設備などの面で、会場によっては準備できないものがあります。 控室や着替室はご用意できますが、例えば、暗幕などの用意ができない会場だと、キャンドルサービスなどの演出はできません。 代わりに、部屋の造りを利用した入場や退場の演出や、庭でのロケーション撮影、料亭のような和の会場でしたら、 鏡開きや和楽器の生演奏お饅頭の入刀など、会場の良さを生かした演出をご提案します。

和装について

Q.かつらが似合うか心配です。

A.
和装の場合、「かつらが似合うか」「重さに耐えられないのではないか」等心配される方が多く、 マルシェではそんな方に「かつら試着会」というイベントを無料で行っております。(新着情報でご確認ください) 実際にかつらと衣装を試着して、全体のイメージを体験していただけるのでとても好評です。 マルシェで使用しているかつらは、重さは約500gで、サイズ合せの後、全て結い直しをし(挙式プランをのぞき)、当日は、一人一人の頭や顔のカーブにぴったりフィットするようになっています。 かつらの色も黒や茶色など何色かありますし、肌の色に合わせたものをご用意します。 かつらが辛かった・・・という声は、まず聞きませんのでご安心を。 また、メイクも白塗りの肌や朱色の口紅はあまり好まれませんので、ナチュラルで、かつ和装に合うメイクです。

Q.和装は重くないですか?

A.
洋装よりは重くなります。 白無垢や色打掛は重くなりますが引き振袖は成人式などで着る振袖と同じくらいの重さです。また、新和装はオーガンジーなど軽い素材を使用したものもあります。 刺繍の種類や布の素材によって全体の重さは変わってきますので、当日移動が多い場合等、式の内容によって素材を選ばれるといいと思います。

Q.当日、和装と洋装の両方着ることはできますか?

A.
もちろん可能です。 和装から洋装、洋装から和装、どちらも問題ありません。 料亭・和室でのドレス姿や、レストランでの振袖は人気があります。

その他・結婚式について

Q.家族だけの食事会という形で披露宴をしたいけど、どうすればいいですか?

A.
ご家族や親しい方だけの少人数で披露宴を行う方が増えてきました。 そんな形に合わせたおもてなしの内容をご提案させていただきます。 例えば… 高砂席は作らず、新郎新婦も同じひとつの大きなテーブルを囲んでの食事会 少人数でも司会者をたてて、入場やお色直しの時などを盛り上げてメリハリをつける 親族紹介という固い形式ではなく、披露宴中に新郎新婦から、または司会者から、おふたりならではの コメントを添えて全員を紹介する など、色々な形が考えられます。 まずはお気軽にご相談ください。

Q.前撮りはしたほうがいいですか?

A.
「当日着ない衣裳での前撮り」が主流ですが、もうひとつ、 当日3~4点の衣裳を着る場合ひとつの衣裳を着ている時間はほんの30分だったりしてゆっくり撮影できないため前撮りできちんと残すというケースもあります。 マルシェでは「華なり(税込み33万円)」というロケーション撮影のプランをご好評いただいております。(「前撮りプラン・華なり」ページでご確認ください) 通常「前撮り」ではスタジオでの撮影が主流のため、6切り写真1カットずつの値段になりますが、ロケーション撮影では、スナップで300カットほど撮影します。 おふたりがお話しをしている姿や後姿など、自然なショットから決めのポーズまで、たくさんのカットが一冊のアルバムに仕上がりますよ。

お問い合わせ

無料相談予約

資料請求

page top